肌の保湿、保護に効果的「ワセリン」の種類や使い方をご紹介

ワセリンとは

ワセリンは石油から精製され、肌に薄い膜を作り水分の蒸発を防ぐ役割を果たします。

石油から作られていると聞くとあまりいい印象がありませんが、精製技術の発達により不純物がほとんど取り除かれ安全性の高い保湿剤として使われています。

ワセリンの特徴と種類

ワセリンの種類

ワセリンは精製の度合いによって、黄色ワセリン、白色ワセリンといった種類が分かれています。

精製度が低いものは「黄色ワセリン」、高いものは「白色ワセリン」と言われています。

「白色ワセリン」は純度が高く医療機関でも扱われていますが、ドラッグストア等でも購入可能。

肌が繊細な赤ちゃんや敏感肌の方は、純度の高く刺激が低い「白色ワセリン」がおすすめです。

ワセリンの使い方

主に顔や体全体の保湿に使用でき、純度の高い白色ワセリンは赤ちゃんや肌がデリケートな方でも使用できます。

次のようなシーンでの使用がおすすめ!

  • 肌や唇など乾燥が気になる部分の保湿
  • 日焼けあとの保湿ケア
  • 赤ちゃんや敏感肌の方のスキンケア
  • 肌の摩擦やかぶれ部分の保護

ワセリンを使う際の注意点

ニキビができているときは使用を控えた方がいい場合もあります。

ワセリンは肌に幕を作り水分の蒸発を防いでくれますが、アクネ菌が毛穴の中で増殖してできる赤ニキビに塗った場合かえって症状が悪化する場合があります。

ニキビができた場合は皮膚を清潔に保ち、ワセリンの使用は避け保湿を行うようにしましょう。

その他の注意点

  • 肌がデリケートな方は、使用前にパッチテストを行う
  • 顔への使用は刺激の低い「白色ワセリン」がおすすめ
  • 雑菌が繁殖しないように容器内を衛生的に保つ
  • ワセリンをつけすぎるとべたつくため、少量を手に取って少しずつ塗布する

関連記事

Xアカウントリンクバナー
2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ピックアップ記事

  1. ユーグレナの粉
    ユーグレナ(ミドリムシ)とは? ユーグレナ(和名:ミドリムシ)は、藻の一種で動物と植…
  2. 化粧品イメージ画像
    油焼けとは 油焼けとは、美容オイルや化粧品の油分が紫外線により酸化し、肌のしみや色素…
  3. 肌をタオルでやさしくふくイメージ画像
    皮膚のバリア機能とは 正常な皮膚は、必要以上に皮膚の中の水分が外に出ていくことを防ぎ…
ページ上部へ戻る