栄養素59種類を含み、動物と植物の性質を併せ持つ「ユーグレナ(ミドリムシ)」についてご紹介!

ユーグレナ(ミドリムシ)とは?

ユーグレナ(和名:ミドリムシ)は、藻の一種で動物と植物、両方の性質があります。

ビタミン、ミネラル、アミノ酸、不飽和脂肪酸など、全部で59種類もの栄養素がバランスよく含まれています。

培養が困難と言われたユーグレナですが、2005年にユーグレナ社が大量培養に成功、サプリメントや化粧品に使われるようになりました。

今では食品だけでなくバイオ燃料や飼料など、食料や栄養、気候問題の解決策としてユーグレナを活用する研究が進められています。

ユーグレナからとれる「ユーグレナエキス」の効果

エミューオイルはスキンケアにおすすめです

ユーグレナから抽出され化粧品として活用される「加水分解ユーグレナエキス」は、ユーグレナ社が独自にユーグレナから抽出したエキスです。

栄養素豊富なユーグレナエキスが使われている化粧品は、次のような美容効果が期待できます。

  • 皮膚のバリア機能を強化
  • 肌の保湿力アップ
  • シワやハリの低下を抑える
  • 表皮のターンオーバーを促進し、肌荒れを防ぐ

健康にも関心がある方には、サプリメントタイプもおすすめ!

ユーグレナには59種類もの豊富な栄養素が含まれており、美容だけでなく健康な毎日をサポートしてくれます。

食事に振りかける粉末タイプやサプリメントタイプもございますので、健康に関心のある方や家事や仕事で忙しい方の栄養補助としてとっていただくのがおすすめです。

ユーグレナの栄養素は59種類

ビタミン類(13種類)

ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸

アミノ酸(19種類)

イソロイシン、ロイシン、バリン、ヒスチジン、リジン、メチオニン、トリプトファン、フェニルアラニン、スレオニン、アスパラギン酸、アラニン、アルギニン、シスチン、グルタミン酸、グリシン、プロリン、セリン、チロシン、GABA

不飽和脂肪酸(12種類)

DHA、EPA、α-リノレン酸、エイコサテトラエン酸、リノール酸、ジホモ-γ-リノレン酸、アラキドン酸、エイコサジエン酸、ドコサテトラエン酸、ドコサペンタエン酸、パルミトレイン酸、オレイン酸

ミネラル(9種類)

ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガン

その他の成分(6種類)

パラミロン、ルテイン、ゼアキサンチン、クロロフィル、スペルミジン、プトレッシン

参考:59種類の栄養素を持つスーパーフード「石垣島ユーグレナ」

栄養の消化吸収がしやすい

ユーグレナは植物と動物、両方の性質があります。

ですがユーグレナは野菜とは違い、栄養素の吸収を妨げる細胞壁がありません。

そのため消化率は93.1%と高く、豊富な栄養素を消化吸収しやすくなっています。

関連記事

Xアカウントリンクバナー
2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ピックアップ記事

  1. ユーグレナの粉
    ユーグレナ(ミドリムシ)とは? ユーグレナ(和名:ミドリムシ)は、藻の一種で動物と植…
  2. 化粧品イメージ画像
    油焼けとは 油焼けとは、美容オイルや化粧品の油分が紫外線により酸化し、肌のしみや色素…
  3. 肌をタオルでやさしくふくイメージ画像
    皮膚のバリア機能とは 正常な皮膚は、必要以上に皮膚の中の水分が外に出ていくことを防ぎ…
ページ上部へ戻る