アフリカに生息する「生命の木」バオバブからとれる「バオバブオイル」とは?

バオバブとは

バオバブは熱帯アフリカのサバンナに生息する樹木です。見た目は「逆さまに植えられたにんじん」に例えられるほど、変わった形をしています。

バオバブの木は日差しや雨風からアフリカの住民たちを守り、「精霊の宿る木」をしてあがめられてきました。

人々の生活にも根ざしておりバオバブの種子や若葉を食用として用いたり、樹皮の繊維からロープや布が作られるなど様々な用途で使われています。

バオバブの種子からはとれるオイルは黄色く、不乾性で石鹸の原料にもなります。他にもアフリカでは伝統医療に用いられ、古くから親しまれています。

現在日本でもこのバオバブオイルが美容オイルとして、インターネットなどで販売されるようになりました。

不乾性油(ふかんせいゆ)とは

空気中に放置しても乾燥したり、固まったりしない油の総称です。バオバブの油以外にも、ごま油、椿油、オリーブ油なども不乾性油です。

↑こちらもバオバブの樹木です

バオバブオイルの特徴

バオバブオイルはべたつかず、伸びがよく肌なじみのいいオイルです。

ビタミンEを多く含んでいるため、エイジングケアなどの美容効果や酸化しにくいという特徴があります。

他にもオレイン酸、リノール酸、パルミチン酸、ビタミンAといった様々な成分を含む栄養価の高く美容オイルとなっています。

次のようなお肌の悩みにおすすめです。

  • エイジングケアが気になる
  • アトピーなど敏感肌の方
  • 乾燥肌で保湿をしっかりとしたい

その他にも肌にハリを与える、日焼けや傷あとのケア、毛穴ケアといった美容効果が期待できます。

関連記事

Xアカウントリンクバナー
2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ピックアップ記事

  1. ユーグレナの粉
    ユーグレナ(ミドリムシ)とは? ユーグレナ(和名:ミドリムシ)は、藻の一種で動物と植…
  2. 化粧品イメージ画像
    油焼けとは 油焼けとは、美容オイルや化粧品の油分が紫外線により酸化し、肌のしみや色素…
  3. 肌をタオルでやさしくふくイメージ画像
    皮膚のバリア機能とは 正常な皮膚は、必要以上に皮膚の中の水分が外に出ていくことを防ぎ…
ページ上部へ戻る