かかとのひび割れや水仕事の肌荒れなどにおすすめ「尿素クリーム」とは?

尿素クリームの特徴

尿素クリームはこのようなお悩みにおすすめです。

  • 洗い物などで手が荒れてガサガサになっている
  • かかとなどの皮膚が固くなっている

尿素は水に溶けやすく、角質層に水分を集めるはたらきがあります。

肌の保水力を高めたり、皮膚を柔らかくする効果のに効果的です。

古い角質をはがし皮膚を滑らかにするので、手荒れや硬くなったかかとでお悩みの方におすすめです。

尿素の配合量「10%」と「20%」の違い

尿素クリームには主に10%、20%とありますが、尿素の配合量が高いほどたんぱく質を溶かし古い角質をはがす作用が強くなります。

かかとなど硬なった角質を柔らかくしたい場合には20%のクリームがおすすめです。

尿素クリームを使用する際の注意点

水仕事での手荒れや硬くなったかかとにおすすめ

尿素クリームは古い角質をはがし皮膚を滑らかにする働きがありますが、使い続けると肌のターンオーバーが短くなり、肌のバリア機能が不十分になってしまいます。

その結果、うるおいを肌にとどめることができず、乾燥しやすい肌になってしまいます。

高濃度のクリームの方が効果が高いという印象がありますが、肌の状態によっては使い続けることによって肌の乾燥や炎症が起きる可能性もあります。

目的に合った商品を選ぶように心がけ、肌荒れがひどい場合にはいったん尿素クリームの使用をやめ、皮膚科への相談がおすすめです。

尿素クリームには年齢制限がある場合があります

尿素クリームの製品によっては、使用年齢に制限を設けているものもあります。

特に小さなお子様は皮膚が薄くデリケートですので、注意書きを読み正しく使用するようにしましょう。

他にも使用する際に気を付けること

  • 顔への使用は刺激が強いため避けたほうが無難
  • 肌の調子が戻ってきたら使用をやめる
  • 傷がある部分への使用は避ける

関連記事

Xアカウントリンクバナー
2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ピックアップ記事

  1. ユーグレナの粉
    ユーグレナ(ミドリムシ)とは? ユーグレナ(和名:ミドリムシ)は、藻の一種で動物と植…
  2. 化粧品イメージ画像
    油焼けとは 油焼けとは、美容オイルや化粧品の油分が紫外線により酸化し、肌のしみや色素…
  3. 肌をタオルでやさしくふくイメージ画像
    皮膚のバリア機能とは 正常な皮膚は、必要以上に皮膚の中の水分が外に出ていくことを防ぎ…
ページ上部へ戻る