優れた保水力でお肌のハリや弾力を保つ「ヒアルロン酸」とは?

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸は肌や目の潤いを保ち、関節部分の潤滑剤やクッションとしての役割を担っています。

1gで6リットルもの水分を保つことができるほど、保水力に優れた成分です。

美容や健康に必要な成分ですが、40代後半を境に減少のスピードが速くなります。

70代のヒアルロン酸量は、赤ちゃんの1/5程度になるといわれています。

ヒアルロン酸のはたらき

  • 目の潤いを保つ
  • 美肌効果
  • 関節の動きをサポートする

ヒアルロン酸は真皮に多く含まれ、皮膚の潤いを保ちます。

他にも軟骨などに含まれ骨と骨の滑りをよくする潤滑作用やクッションとしての役割を担っています。

目の硝子体にも多く含まれ、緩衝作用や組織形状の維持といったはたらきをしています。

ドライアイや肌の乾燥に効果的な成分として知られています。

スキンケアをする女性イメージ写真

ヒアルロン酸を摂取するには?

ヒアルロン酸は豚足、ふかひれ、すっぽん、うなぎなどに含まれています。

しかし、ヒアルロン酸は分子が大きいため、そのままでは体に吸収されにくいという特徴があり、普段の食事では補うことが難しい成分です。

そのため、効率よくヒアルロン酸を摂取するためには、サプリメントタイプが望ましいと考えられます。

食品以外にも肌や髪に潤いを与えることから、スキンケア用品やシャンプーなどにも含まれているものがあります。

また、医療の現場ではヒアルロン酸を炎症を起こした関節部分に注射をし、痛みを和らげることなどに使用されます。

こんなお肌の悩みにおすすめ!

  • 肌の弾力性やハリを保ちたい
  • 乾燥肌や肌荒れが気になる

関連記事

Xアカウントリンクバナー
2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ピックアップ記事

  1. ユーグレナの粉
    ユーグレナ(ミドリムシ)とは? ユーグレナ(和名:ミドリムシ)は、藻の一種で動物と植…
  2. 化粧品イメージ画像
    油焼けとは 油焼けとは、美容オイルや化粧品の油分が紫外線により酸化し、肌のしみや色素…
  3. 肌をタオルでやさしくふくイメージ画像
    皮膚のバリア機能とは 正常な皮膚は、必要以上に皮膚の中の水分が外に出ていくことを防ぎ…
ページ上部へ戻る