人の肌になじみやすい天然の植物油「椿オイル」とは?

椿オイルとは

椿オイルは、椿の種から絞った植物性の油です。

日本では平安時代から髪のお手入れに使用され、スキンケアや食用油としても使われてきました。

椿オイルには、オレイン酸が多く含まれ、髪や肌の潤いを保ったり、紫外線から守るはたらきがあります。

肌や髪をケアする目的のほかにも、クレンジングオイルや体全体のケアなど様々な用途で使用されています。

他にも食用のオイルは、コレステロール値を抑える効果が期待できます。

椿オイルの特徴

椿オイルは他の植物油に比べ、オレイン酸の含有量が最も多いことが分かっています。

さらに多価不飽和脂肪酸が少なく、ビタミンEが含まれているため非常に酸化しにくいオイルです。

多価不飽和脂肪酸とは?

悪玉コレステロールを減らすはたらきがあるといわれており、熱、光、空気などで酸化しやすい特徴があります。

保湿力が高い

椿オイルは保湿力が高いため、肌や髪をしっとりとさせる効果が期待できます。

肌や髪に潤いを与えることにより、乾燥を防いだり、外部の刺激から肌を守ってくれます。

皮膚への浸透性が高い

人の皮膚と近い成分のため、浸透しやすいのが特徴です。

保湿力が高く、人の肌になじみやすい椿オイルは、肌や髪のお手入れに最適です。

オレイン酸を多く含んでいる

食用として使用する場合、椿オイルは悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにするはたらきがあります。

さらに栄養価の高いオレイン酸が、オリーブオイルよりも多く含まれています。

こんな肌のお悩みにおすすめです!

  • 肌の乾燥が気になる方
  • 紫外線や外部の刺激から肌を守りたい
  • 肌に負担をかけずにクレンジングしたい

関連記事

Xアカウントリンクバナー
2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ピックアップ記事

  1. ユーグレナの粉
    ユーグレナ(ミドリムシ)とは? ユーグレナ(和名:ミドリムシ)は、藻の一種で動物と植…
  2. 化粧品イメージ画像
    油焼けとは 油焼けとは、美容オイルや化粧品の油分が紫外線により酸化し、肌のしみや色素…
  3. 肌をタオルでやさしくふくイメージ画像
    皮膚のバリア機能とは 正常な皮膚は、必要以上に皮膚の中の水分が外に出ていくことを防ぎ…
ページ上部へ戻る