クレオパトラも愛用「フランキンセンス」!スキンケアやアロマテラピーにピッタリ

フランキンセンス精油とは

フランキンセンス精油とは、フランキンセンスの木の樹脂を削り採取を行います。

フランキンセンスは、樹高3~7mほどの低木で白や薄い紅色の花を咲かせます。

「オリバナム」、「乳香」と呼ばれることもあります。

主な産地はオマーンやソマリアなどで、お香として古くから親しまれてきました。

新約聖書にはイエス・キリストの誕生を祝う品として、「黄金」や「ミルラ(没薬/もつやく)」と共に捧げられたとあります。

フランキンセンス精油はこのようなケアにおすすめ

  • 乾燥肌や肌荒れのケア
  • シミ、しわなどのエイジングケア

「若返りの精油」として一時期話題なったフランキンセンス精油は、乾燥や肌荒れといったトラブルにおすすめです。

加えて肌再生のはたらきをサポートしてくれるためエイジングケアにも使えます。

世界三大美女として知られる「クレオパトラ」もエイジングケアのために、フランキンセンスを用いたとされています。

リラクゼーションや呼吸器系のケアにも◎

フランキンセンス精油は、化粧品だけでなく古くからお香として親しまれてきました。

日本でも平安貴族が、防虫抗菌に用いたり、香を焚いてその場を清めるといったことに使われていました。

イライラした気分を落ち着け、呼吸を深くしてくれるため、リラクゼーションや瞑想、ヨガを行う際にぴったりです。

また香りを楽しむだけでなく、風邪の予防といった免疫向上、呼吸器系のケアにも役立つとされています。

関連記事

Xアカウントリンクバナー
2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ピックアップ記事

  1. ユーグレナの粉
    ユーグレナ(ミドリムシ)とは? ユーグレナ(和名:ミドリムシ)は、藻の一種で動物と植…
  2. 化粧品イメージ画像
    油焼けとは 油焼けとは、美容オイルや化粧品の油分が紫外線により酸化し、肌のしみや色素…
  3. 肌をタオルでやさしくふくイメージ画像
    皮膚のバリア機能とは 正常な皮膚は、必要以上に皮膚の中の水分が外に出ていくことを防ぎ…
ページ上部へ戻る