お肌のうるおいをサポート「スクワラン」と「スクワレン」。違いやそれぞれの特徴とは?

スクワランとスクワレンの違い

スクワランとは、スクワレンという成分を科学的に安定化させたもののことです。

スクワレンは主にサメの肝油、オリーブ油、パーム油に含まれています。

スクワレンは酸化しやすい性質がありますが、安定化したスクワランは酸化にしくくなっており、美容クリームなどの化粧品で使用されています。

スクワレンのはたらき

スクワレンは人間の皮脂に5~10%含まれているうるおい成分で、保湿をサポートするはたらきをしています。

年齢とともに減少していき、スクワレンが減少してしまうと細胞に十分な酸素を供給できなくなり、肌の老化が進んでしまいます。

さらに皮膚膜のバランスが崩れ、紫外線などの刺激に負けやすくなってしまいます。

そしてシミやしわといった肌トラブルが起きやすくなってしまうため、スキンケアでスクワランを補うことが重要になります。

こんな肌のお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌の方
  • 乾燥による小じわやかゆみがある方
  • ニキビにお悩みの方

スクワランとスクワレンには、浸透性の高さや保湿効果が特徴です。

しかし、スクワレンは酸化しやすく、スクワランは酸化しにくいという違いがあります。

そのため、スクワランは肌に塗る外用の化粧品、酸化してしまうスクワレンは健康食品と使用用途が分かれています。

スクワランはべたつきが少なく、エモリエント効果による肌のバリア機能をサポートする効果があります。

乾燥肌にお悩みの方や、べたつかない肌なじみがいい化粧品をお探しの方におすすめです。

エモリエント効果

水分が蒸発しないように、肌の表面に皮脂膜を張る作用のことをいいます

参考:エモリエント効果丨美容用語解説|グルノーブル美容専門学校

関連記事

Xアカウントリンクバナー
2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ピックアップ記事

  1. ユーグレナの粉
    ユーグレナ(ミドリムシ)とは? ユーグレナ(和名:ミドリムシ)は、藻の一種で動物と植…
  2. 化粧品イメージ画像
    油焼けとは 油焼けとは、美容オイルや化粧品の油分が紫外線により酸化し、肌のしみや色素…
  3. 肌をタオルでやさしくふくイメージ画像
    皮膚のバリア機能とは 正常な皮膚は、必要以上に皮膚の中の水分が外に出ていくことを防ぎ…
ページ上部へ戻る