モロッコでしかとれない希少なオイル「アルガンオイル」についてご紹介

アルガンツリーとは

アルガンツリーは地中深く根を伸ばし、丸一年以上雨が降らなくても枯れないといわれる生命力の強い木です。

北アフリカに位置するモロッコの南西部に生育地域が限られています。

アルガンツリーの実から取れるオイルには、高濃度のオレイン酸とビタミンEが含まれ、さらにモロッコ王国でしか産出されないという大変貴重なオイルです。

オイルを抽出するのには大変な労力がかかる上、抽出量はアルガンツリーの実10キログラムに対し、1リットル程度しかとれません。

そんな希少性が高いアルガンオイルですが、1995年ごろから日本輸入されるようになり、食用や美容用に幅広く利用されるようになりました。

アルガンオイルの特徴

こんなお肌のお悩みにおすすめ

  • 乾燥肌の方
  • エイジングケアが気になる
  • 日焼けあとのケアに

美容用のアルガンオイルは肌なじみがよく、滑らかでよく伸びるのが特徴です。

さらにオレイン酸、ビタミンE、リノール酸などを豊富に含み、エイジングケアにおすすめです。

ビタミンEは抗酸化作用に優れ、オレイン酸やリノール酸は肌のバリア機能をサポートする働きがあります。

また、アルガンオイルは食用とコスメ用とで香りが異なります。

食用オイルはごま油のような香り、コスメ用はナッツのような香りがします。

未精製オイルと精製オイルの違い

アルガンオイルは、オイル抽出後に「精製」を行っているかどうかで、大きくオイルの品質が異なってきます。

「未精製」と「精製」済みでどのような違いがあるかについてご紹介します。

未精製アルガンオイル

精製を行っていないということで、オイルに含まれるビタミンEやリノール酸といった栄養素が多く残っています。

そのため、エイジングケアや日焼けあとのケアにおすすめです。

しかし、栄養素だけでなく不純物も残っていたり、オイルのにおいが強かったりする場合があります。

敏感肌や強いにおいが苦手な方は注意が必要です。

精製アルガンオイル

未精製とは逆に不純物を取り除き脱臭処理を行っているため、使いやすいオイルになっています。

ただし、栄養素は未精製に比べ残りにくいため、肌の保湿での使用がおすすめです。

関連記事

Xアカウントリンクバナー
2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ピックアップ記事

  1. ユーグレナの粉
    ユーグレナ(ミドリムシ)とは? ユーグレナ(和名:ミドリムシ)は、藻の一種で動物と植…
  2. 化粧品イメージ画像
    油焼けとは 油焼けとは、美容オイルや化粧品の油分が紫外線により酸化し、肌のしみや色素…
  3. 肌をタオルでやさしくふくイメージ画像
    皮膚のバリア機能とは 正常な皮膚は、必要以上に皮膚の中の水分が外に出ていくことを防ぎ…
ページ上部へ戻る