テレビやSNSで話題!エミューオイルとは?

オーストラリアのアボリジニが使う万能薬

エミューオイルの起源は、4万年前からオーストラリアに住みだした先住民のアボリジニと考えられています。

エミューオイルは、やけどや傷の手当、筋肉痛の軽減など万能薬として利用されてきました。

エミューに蓄えられた脂肪には、約2か月にも及ぶ抱卵の際や、オーストラリアの厳しい環境を生き抜くための重要なエネルギー源としての役割があるのです。

エミューオイルの効果

エミューオイルの効用として次のものがあります。

  • 抗炎症作用
    筋肉痛・肩こり・捻挫・打撲・関節炎などの炎症、痛み改善
  • 皮膚の保湿
    乾燥、シワ、ハリ
  • 皮膚の改善
    アトピー・湿疹・床ずれなど

他にも臨床の現場で、筋肉の凝りの弛緩、関節可動域の改善などの事例も報告されています。

人の肌に近いエミューの皮脂

体に不足している成分を正常に戻すためには、その成分を取り入れる、もしくは生成しなければなりません。

そして、体に無理なく自然に成分を取り入れるためには、人体に近い成分であることが重要です。

その点エミューオイルは人の皮脂に近いバランス構成をしているため、肌への浸透力が高く、無理なく栄養を取り込めます。

特にエミューオイルには、人間の皮脂に必要な必須脂肪酸「オメガ9」「オメガ6」「オメガ3」がバランスよく豊富に含まれているので、肌やからだを優しくケアできます。

オメガ9

浸透力に優れ、有効成分をよりよく浸透させます。

オリーブオイルなどに含まれ、酸化に強く、劣化しづらい性質を持ちます。

オメガ6

人や哺乳動物の体内では作られない必須脂肪酸です。

不足すると髪のパサつきや抜け毛、傷の治りの遅れなどがみられます。

オメガ3

EPAやDHAの原料となる必須脂肪酸です。

アレルギーや炎症の仲介物質(ヒスタミン、トロンボキサン、ロイコトリエン)のはたらきを強力に阻害します。

エミューオイルの使い方

  • 洗顔やふろ上がり後のスキンケア
  • アトピーなどの肌トラブルのケア
  • 関節や筋肉のマッサージオイル
  • スポーツ前のマッサージで筋疲労を防止

エミューオイルは肌への浸透力が高く毎日のスキンケアや、筋肉の凝りをほぐすマッサージオイルとしてもお使いいただけます。

また、乾燥肌やアトピーなどの肌トラブルがある方にもおすすめです。

エミューオイルの効能を実証する試験にて、人工的にアトピー皮膚炎を起こしたマウスの患部にエミューオイルを塗布したところ、塗布して60日で完全に回復するといった研究結果が報告されています。

これはエミューオイルによって保湿性が保持され、患部を掻くことがなかったため、治癒したものと考えられています。

関連記事

Xアカウントリンクバナー
2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ピックアップ記事

  1. ユーグレナの粉
    ユーグレナ(ミドリムシ)とは? ユーグレナ(和名:ミドリムシ)は、藻の一種で動物と植…
  2. 化粧品イメージ画像
    油焼けとは 油焼けとは、美容オイルや化粧品の油分が紫外線により酸化し、肌のしみや色素…
  3. 肌をタオルでやさしくふくイメージ画像
    皮膚のバリア機能とは 正常な皮膚は、必要以上に皮膚の中の水分が外に出ていくことを防ぎ…
ページ上部へ戻る